ウェルネスに逆子の治療で来られる方は少ないですが年に一人、二人は相談を受けます。

妊娠28週ごろまでは胎児も小さく、体の大きさに比べて羊水がたっぷりあるので、子宮の中をクルクルと向きを変えて自由に動き回っています。

なのでこの時期までの超音波検査で「逆子ですね」と言われても、「=逆子のまま出産」になるわけではありません。

多くは出産が近づくにつれて、自然と元に戻ることが多いです。

最終的に逆子のままお産になるケースは5%ぐらいです。

鍼灸治療を行うと、より正常に戻りやすくなります。

 

◎逆子になる原因は?

逆子の大部分は原因不明と言われていますが、東洋医学的には逆子は

「冷え」「目や頭の疲労」「ストレス」による気血不足、気の滞り、胃腸の不調など、様々な原因があると考えます。

 

◎治療方針

三陰交(さんいんこう)や至陰(しいん)といった特効穴のお灸が有名ですが、

それに加え、東洋医学的な原因も探りながらお身体の状態を整え、赤ちゃんが居心地の良い、子宮環境になるよう施術します。

治療直後より、赤ちゃんの胎動が感じられることがよくあります。

逆子治療は、30週〜34週が修復しやすい時期で35週や36週になると戻りにくくなります。

※鍼灸50分4200円のコースをおすすめします。

治療を受けられた上で、家庭でのお灸も継続的にして頂きたいので指導もさせて頂きます。