から腕にかけての疾患

頸肩腕症候群、肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)、肩関節拘縮、インピンジメント症候群、腱板損傷、石灰沈着性腱板炎、上腕二頭筋長頭腱障害、変形性肩関節症、肩鎖関節損傷、反復性肩関節脱臼、胸郭出口症候群など

 

肩の疾患について、1つ1つ詳しく説明していきますが、初めて聞く疾患から馴染みのある疾患まであると思います。今回はほとんどの人が感じた事がある、馴染みのある肩こりについて話していきたいと思います。

肩こりと聞くと馴染みがありますが、レントゲンや検査などで特に原因となる病気がなく、首から肩、腕にかけて痛みやコリが起こる病気の事­❝頸肩腕症候群❞といいます。一般的に病気が判明した場合は、その病名で呼ばれます。

頚肩腕症候群(いわゆる肩こり)

要因

【①仕事や日常生活によるもの】
デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとっている人、下を向いて作業を行う人、眼を酷使する人、冷える場所に長い時間いる人、日常生活においてスマートフォンをよく使う人など
【②体型的要因】
なで肩の人、肩や首が細く長い人
運動不足で筋力低下している人なども頭を支える筋肉が弱いため肩がこりやすいと考えられています。

【③精神的な要因】
最近では、ストレスや精神的な緊張によるものも増えています。

【④病気に伴って起こる場合】
頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群、高血圧、心臓病、更年期障害など

《 症状 》

首から肩または肩甲骨にかけてツッパリやこった感覚、疲れやすさを感じます。だんだん進んでいくと、痛み、うずき、シビレがでたり手・腕・背中など広い範囲に及ぶケースもあります。
また、頭痛や吐き気、耳鳴りなどを伴ったりと人によって症状は様々です。

肩こり解消に大切な筋肉

それは僧帽筋です!!
肩こりに関係する主な筋肉は、僧帽筋・菱形筋・肩甲下筋・などありますが、
僧帽筋は、上肢の中で大きな筋肉の一つで、首のつけ根(後頭部)から肩、背中にかけてついています。また上部・中部・下部の3つの部分にわけられ、それぞれの部位で異なる働きを持っています。

上部は、肩をすくめる動き(挙上)や首を下に向ける動作で使います。

中部は、肩甲骨を後ろに下げるときに使われる部位(内転作用)で、背伸びや深呼吸をするときに胸を張る動作でも使われます。この際、前鋸筋との連繋がとても大切になります。前鋸筋との連繋については、五十肩の時に詳しく話したいと思います。

下部は、肩甲骨を下に回す(下制)ときに使われる筋肉で、物を引っ張る動作で使われます。


僧帽筋が緊張したり、疲れたりすると疲労がたまり、血行不良をおこし、コリ、張り、痛みとして現れてしまいます。
ストレッチや体操で筋肉を伸び縮みさせたり、筋力アップで血行不良を改善しましょう🎶

肩甲下筋についての詳細は2021年4月14日の肩甲骨はがし
筋力低下による体操については自宅でできるフレイル予防運動2020年04月24日体操も参照下さい。

最後に

肩こりから他の疾患、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩など)へ移行するケースもあります。また、現在は子供でもスマートフォンをもっており、これらの症状の低年齢化が増えています。放っておかず、早めの対処をオススメします。

検査ではわからず原因不明の場合も頚肩腕症候群と言われるため、自律神経の関与も考えられます。血行改善や自律神経を調節するに鍼灸治療は有効的です。
上記の体操など行っても改善しない場合は、一度ご相談下さい。鍼灸治療だけでなく、個々にあった体操や運動指導など提案させて頂きます。

次に、胸郭出口症候群についてまとめます。

胸郭出口症候群

このような症状で悩んでいませんか?

手や指がむくむ
腕  手 肩 背中などが痺れる
腕や肩にだるさを感じる
腕や手に冷たさを感じる時がある
パソコン作業やデスクワークで肩が重くなる
買い物袋など重い荷物を持つと腕や肩が痛くなる
つり革ドライヤーなど顔より上に手を上げると肩や腕が辛くなる

胸郭出口症候群とは上腕や肩への負担のかかる運動で神経や血管が障害を受けることにより肩腕手の部分にしびれや痛み、冷感 、時には動かしにくさの症状が現れる状態のことを言います。
また これらの症状を肩こりとして感じる人もいます。
胸郭出口症候群は なで肩の女性に多く見られますが 、筋肉を鍛えている男性でも発症することがあります。

 

胸郭出口症候群 の種類

◎斜角筋症候群

前斜角筋と 中斜角筋の間の神経が圧迫される病気です 。原因には 頚 肋と呼ばれる 肋骨様の骨が 元々前斜角筋と中斜角筋の隙間は狭いのですが 、体の疲れや 姿勢 血行不良によって筋肉が硬くなり、血管や神経を圧迫することもあります 。
手の薬指小指に知覚異常や痛みが発症し握力も弱くなります 。
20代30代のなで肩の女性に多い病気で長く肩を下げていると症状が悪化します。

◎肋鎖症候群

鎖骨と第一肋骨の間で 神経や血管が圧迫された時に起こる症候群で 肩こり肩甲骨周辺の痛みだるさ指先に軽い知覚障害とチアノーゼを起こします。 こちらも疲労、姿勢などの変化で肩が下がると発症しやすく腕を上げて寝ると楽になりやすいです。

◎過外転症候群

胸の前面にある小胸筋の下や第一肋骨と鎖骨の間で神経や血管が圧迫されて起こり指先に知覚障害血行障害が起こります 。つり革を持つように腕を上げるかっこ後ろに強く引く と圧迫が強まります。
窓を拭く作業などのように腕を頭より上げた状態をしばらく続けた時に発症しやすくと言われます 。
鎖骨周辺はたくさんの筋肉や骨で構成されており、どこで神経や血管が圧迫されるかを見極める必要があります。
首の長いかたや20代30代の方に多く起こりやすいといわれています。日常のデスクワークスマホ前かがみで猫背になる肩腕をよく使ってお仕事をされてる方にも多く見られます。

 

《 胸郭出口症候群を確認する徒手検査法 》

胸郭出口症候群は5つのテストを行うことで四つのタイプに分けることができます 。

エデンテスト
痺れや痛みを感じる方の腕を後下方に引っ張る  手首の親指にある橈骨動脈の拍動が触れなくなる 。
これは肋鎖症候群が陽性と判断されます

アドソンテスト
顔を上に向かせ 痛みがあるほうの後ろを見るように首をひねり 深呼吸を行わせる。
これにより痛みのある腕の手首の橈骨動脈の拍動が触れなくなる。これは斜角筋症候群が陽性です 。

ライトテスト
肘の関節を90°曲げて保持する姿勢をとってもらう しびれの誘発橈骨動脈の拍動が触れなくなる 。肋鎖症候群 、小胸筋症候群が陽性です。

3分間挙上負荷テスト
肘の関節を90°曲げて保持する姿勢をとってもらう ライトテストと同じです
手のグーとパーを交互に3分間繰り返す 。それによりしびれの誘発 橈骨動脈の拍動が触れなくなる 。
これは肋鎖症候群、小胸筋症候群が陽性です 。

モーレイテスト
鎖骨の上部周辺にあるくぼみを形成している斜角筋を指で圧迫する。肩から腕腕から手への放散痛を訴える。斜角筋症候群が陽性です。

最後に

睡眠時の姿勢を変えることや 日常生活における動きを正しく意識することが痛みなどの症状の軽減につながります。 肩こりや 疲れと思い症状が長期化して増悪した 場合もありますので 早めの治療をお勧めいたします。

 

【肩関節の骨の構造】

今回は、肩関節の骨の構造についてと肩鎖関節損傷について少し話たいと思います。

肩関節は、主に腕の骨(上腕骨)、肩甲骨(けんこうこつ)、鎖骨(さこつ)から構成されています。上腕骨の先にある丸い球状の部分(球関節)が、肩甲骨のくぼみ(関節窩)にはまる構造になっています。ここが、一般的に肩関節と呼ばれる場所です。肩関節は他の関節と比べて接触面が浅く不安定です。例えば股関節は肩関節と同じ球状ですが、股関節のくぼみ(関節窩)である寛骨臼は大腿骨頭を深く包み込む臼状になっているため、股関節は荷重に耐える安定性をもっています。その点肩関節は不安定差はありますが、肩を色んな方向に大きく動かす事に適していて、肩周辺の筋肉により安定性を保持しています。

次に、肩の構造でも出てきた鎖骨と肩甲骨に付いている肩鎖関節損傷についてです。

【肩鎖関節の損傷】

ここでは、靭帯の損傷のみで、関節のズレ(脱臼や亜脱臼)ではない、軽度の捻挫、損傷について話しをします。

関節のズレ(脱臼や亜脱臼)がある場合は、腫れ+鎖骨が浮いてくるので病院での検査をおすすめします。

まず、場所を自分で触って確認しましょう。鎖骨(さこつ)は自分で触れる事ができます。
身体の中心(顔)に近い方は前方へ、遠い方は後方へ突出していて、S字の形をしています。その後方部分に少し飛び出ている突起(肩峰)がありその小さなすき間、くぼみが肩鎖関節です!

《 原因要素》

転倒や衝突で、肩や肘を打つ、手をつくなど肩の外側の衝撃により靭帯の損傷を起こし発生します。

柔道、ラグビーなど激しいスポーツ、バイクや自転車での事故、また、筋力トレーニングでのバーベルなど重い負荷により負担がかかり発生する事もあります。

 

肩関節の骨の構造、肩関節の靭帯ともに

コメディカルのための筋・骨格・関節・靭帯

飯島治之・美樹著   技術評論社より引用

肩鎖関節は、上図でもわかるように肩鎖靭帯と烏口鎖骨靭帯で繋がっています。また、肩甲骨(肩峰)の付着部である筋肉、三角筋や僧帽筋らで補強され、より安定性が高まるような構造になっています。

《 対処法》

◎テーピングを使って痛めた側を固定、補助する。①肩鎖関節部分を少し圧迫しながら重ねながら貼る②三角筋の停止部から鎖骨に向かって貼る。

◎痛めた側で重い荷物もたない。

◎軽度の損傷の場合は早期から動かす事が必要です。放っておくと肩関節周囲の筋肉、靭帯の動きが悪くなります。ゴムチューブなどを使って筋力低下を防ぎましょう!!

肩鎖関節自体の動きは小さいですが、肩を動かす時は、肩甲骨が動いて、その支点の1つが肩鎖関節になり、肩の位置を保ち、肩関節と体幹を繋げているとても重要な関節の1つです。痛みや突っ張り感があると肩甲骨を使わずに腰(体幹部)を使って動かす癖がついたり、肩の動きがますます悪く、悪循環に陥ります!!

《 最後に》

鍼灸治療でのアプローチがとても有効です!マッサージでは届きにくい深層部の筋肉や触りにくい靭帯部分に直接アプローチができます!!また、肩鎖関節脱臼し、整復したのに中々痛みが取れない方、寒い季節や冷房で冷えると痛みが再発する方など、お困りでしたら是非一度ご相談下さい♪♪

 

 

肩関節周囲炎

 

40歳~60歳代に多く50歳代が発症のピークとなっているため通称五十肩とも呼ばれています。五十肩の明らかな原因は分かっていませんが、肩関節周囲の筋肉、腱などの炎症や老化(衰え)で起こるといわれています。
急性期慢性期回復期へと移行していきます。

【急性期】

肩関節の筋肉のバランスが崩れ、関節の周りに炎症が起こります、この炎症が神経を刺激し痛みを起こします。この時期は安静時や夜間でも肩に痛みが現れます。この時期は肩に負担がかかる事はやめて安静が必要です。

 

 

夜間痛の原因
仰向けで寝ていると、縮んだ筋肉が引き伸ばされたり肩の位置が押し下げられ関節に負担がかかります。

対策
①クッションやタオルで角度を調整する。
②肩が冷えないように掛け布団以外に肩用にバスタオル(重たすぎない物)を肩にかける。
③枕が高い場合も注意が必要です。
枕が高いと首肩部が緊張してしまい肩周返に負担がかかってしまいます。
④痛くない側を上にして横向き寝る。肩・肘が後ろに下がってしまうと負担がかかるため抱き枕などでサポートする。

 

肩と肘が平行になるようにしましょう

 

 

 

肘と肩が平行になると肩の負担が減り安定が保てます。

 

【拘縮期】
肩関節を包む関節包が炎症を起こすと、縮んだり、癒着したりして硬くなって動きが制限されてしまいます。
思うように動かず腕を上げたり、頭を洗う、結帯動作(肘を曲げ手を後ろにまわす動作)ができない等。

【回復期】
痛みがやわらぎ、動かせる範囲も広くなる ・動かしても痛みが出なくなる。

また、拘縮期・回復期の時期に動かさないでいると、筋肉の・癒着が進んでしまいます。痛みに気をつけながらゆっくり動かす事が大切です。

痛みに関して
痛みに対する不安から日常的な行動を回避したり、代償したり、過剰に意識し気にしてしまうと、常に肩が緊張し、負担がかかってしまいます。一呼吸おいて、肩の力を抜く意識をしましょう。

原因追求による治療
①問診や肩の動く範囲から推測し、痛みの原因となる部分を把握します。
②縮んで硬くなったり、使いすぎて負担がかかった筋肉や腱を緩める。
③関節の可動域を広げ、正しい動きにもっていく。代償する動きではなく、肩甲骨を使って動かす。
これがとても大切です!!


左側の写真はを使って上げています。右側の写真は腰はまっすぐで肩甲骨から上げています。

ウェルネスの鍼灸治療では、痛みの原因となる深層部分(インナーマッスル)に鍼でアプローチしたり、遠隔治療といって肩に関係する離れた場所(ツボ)に刺激、正しいフォームでの動きを覚えてもらいます。その結果、身体の動きがスムーズになり、痛みや不快感も改善されていきます。

肩甲骨はがし

最後に筋力トレーニングなどで筋肉を鍛え(体を整えていきます)
自然と関節の可動域も広がっていきます。

次回は
肩関節トレーニングと肩周りの筋肉(ローテータカフなどの)
作用(動き)について話していきます。